FC2ブログ

次男と、絵本の読み聞かせ

絵本『ともだちやもんな,ぼくら』
作 くすのきしげのり
絵 福田岩緒
発行 株式会社えほんの杜


image1_convert_20190610095842.jpeg

地域小学校へ

次男と一緒に読み聞かせ♪


久しぶりの読み聞かせ
しかも 
初の次男同伴!


最初は
次男に興味を示しながらの子ども達でしたが
絵本を読み始めると
一緒に絵本の世界を楽しんでくれた様子♪


読み終えると
四人の子ども達から
感想の手があがり
三人が発表してくれました♪
お話しは知っていたけど、おじいさんのところが面白かったです!といってもらえて、ピースな気分✌️でした。


退場時には
子ども達がかわるがわる
ハイタッチしてくれて
手から手へパワー充電!!!


今回
読み聞かせ復帰に際し
おはなし隊隊長・メンバーの皆さん
学校の先生方のご理解とご協力をいただき
心から感謝です✨🙏✨


かけがえのない
素晴らしい時間を
本当に ありがとうございました








スポンサーサイト

大切にしまっていたもの

夏仕様に向けて
家の片付け中

大切にしまってあった
第73回 赤ちゃん会 【育児努力賞】の盾と一緒に出てきたのは・・・

image1_convert_20190609161129.jpeg





次男妊娠中から
出産
育児…と
私の体の中で支えてくれた
金属

image2_convert_20190609161201.jpeg

この金属で
私の体は助けられ
今がある


【育児努力賞】をいただけたのも
この金属が一緒に
頑張ってくれたおかげ


もちろん
オペしてくださったドクターをはじめ
あの(妊娠中の交通事故)当時
支えてくださった
みなさんのおかげ

感謝










イヤーキャップ

image2_(1)_convert_20190608191045.jpg

えっと、、

ちょくちょく
お金を
価値あるものと
交換(購入)できない時が
あります

今回は
耳キャップ

なんだこの量⁈
自分でも
ビックリするぐらい
手元に届き・・・汗・・・
(イヤ確かに注文しました)
しかし
つかえねー的な、、
(あ、スミマセン、、うちの用途に合ってなかっただけです 汗… ) 


実は 今回
いちばん
役に立っている耳キャップは
100均の…
イヤーキャップ

image1_(1)_convert_20190608191012.jpg

大きさ
フィット感
を比較すると・・・

(写真 左)折畳みタイプは
次男の耳にバッチリちょうどなフィット感!

(写真 右)のイヤーキャップは
左に比べると少し大きめサイズで
次男の耳にはぶかぶか
私の耳には大丈夫…な感じでした。


イヤーキャップも
何気に
奥が深いですね・・・























日々のしおり

image1_convert_20190608190854.jpg蔦屋

大陸カレー
からの
スタバ ホワイトモカ

大人なムードの
センスいいお姉さんの
さりげない優しさに
心が照れる

スタバで
パソコンしながら
携帯で打ち合わせしてる
こじゃれたお兄さん

あんな感じに
自分もなってみたい
憧れるよね〜
わっはっは!
って会話
からの

image2_convert_20190608190930.jpg

土佐希望の家 医療福祉センター
小児科 Kドクターにお会いできるかも…
と ちょっと期待しちゃいましたが
叶わず ちょっぴり残念でした

今度は
次男も一緒に
会えるといいな

そんな
楽しかった
さわやかな午後の
思い出投稿

投稿は
言えない思いや
自分の軸を再認識したり…
そんな風に
自分の
日々のしおりとなっています











KOKI☆外出用車椅子

次男kouの外出用の大切な足

ベビーカーから数えると
4代目となる外出用車椅子が
ついに
いよいよ
やっと
わが家に届きました!

image1_convert_20190601104204.jpeg

昨年(2018年)
3月 入院・喉頭分離手術
6月 までの入院・入所期間
退院してからの在宅生活のこの1年(今日は6/1)
kouの体にとって
様々な変化があり
やっと
今のkouにとって必要なこと
kouのこれからの可能性について
考えることができるようになってきました。。。



これまで乗っていた外出用バギー(3代目)では
体に合わなくなってしまっていたこと、
お腹に溜まったエアやガスが出しづらく苦しくなるようで
通院(片道40分)・通学(片道30分)等
長時間の外出が厳しくなっていました。


移動途中(車を停めて)の痰吸引や
胃ろうからのエア(ガス)抜きの対応をしても
汗だくになるほどの緊張と
声が出せないので 気切孔の痰をブシュブシュさせて泣いて怒る・・・


今までには なかったことが 起こるようになり
外出することが私自身も辛くなっていた時期が正直ありました。
どうして泣かしながら通院しなくちゃいけないんだろうか…とか、
また、学校に行けるんだろうか…とか、、、

とにかく
少しずつ
また なれていくしかないよね…
と、泣きそうになる気持ちを奮い立たせながら
日々 多くのかたのご協力と支えをいただきつつ(感謝)
やっと、ここまで来ることができたと感じています。




そして
療育福祉センター(片道40分)にも行けるようになり
真っ先に相談したのが 外出用車椅子でした。


image1_convert_20190601104229.jpeg
                       (写真はフラット時)
製作するにあたり
まず最初に問題になったのは
座位(車椅子)からの フラットなのか、
フラット(ストレッチャー)から座位なのか、
ということでした。


奇しくも…
まるで 巡り合わせのように 昨年10月
高知で初のキャスパーアプローチの勉強会があり kouと参加
諦めかけていた「座位」のデモンストレーションを行っていただく機会に恵まれ

椅子に凛と座っているkouの姿
そして 
意志を感じる目

その姿を見た瞬間
「やっぱり、あきらめたくない!」と胸に込み上げるものがありました。
「座位」が主だと。


もちろん思いだけでなく、
呼吸や体調・活動面など少しずつ安定
『 座位(車椅子)からのフラット』の流れで製作に入ることになり、
このスタイルでの完成となりました。


小児整形ドクターによる意見(書)
理学療法士の先生による評価(表)
業者さんの無いものを創り出す腕☆と見積り(書)

kouの体に合う椅子を創り出してくださる医療専門職の皆さんの知恵と技術
使う側の 使いやすさにこだわった工夫も可能な限り対応してくださりました。


image1_convert_20190601104256.jpeg
                   (車乗車時)


基本フレームは MIKIさんのGRAND FLETCHER
シート(通気性・ブラック色)
ハンドル
日よけ
その他必要な調整・工夫等
細部に渡り対応してくださったことに 心から感謝しています。


大切に使います。
本当に ありがとうございました。


image1_convert_20190601104324.jpeg

Y.KOKI 号
修学旅行時にはkouの大切なパートナーとして一緒に行く予定です☆